久しぶりだと忘れています

 久しぶりにプログラミングをしました。色々忘れていました。昔のソースを見て思い出しながらやっていたら、結構時間が掛かって、今日一日潰してしまいました。

 今日は10/1という事でちょうど半期が終わります。で、決算してみて利益が少なかったのか、他の部門から調達しようと資料を作ることになったようですが、そのデータ整理が回ってきました。数千件あるデータをいちいち手で処理していられないので、プログラミングをしたという経緯です。

 なんというか、ちょっと前に書いた8/31の宿題のようで、私の立場は宿題を放っていた女子高生ではなく、宿題を手伝わされるお父さんポジションです。

 もっと早くいってくれれば土曜日に作らなくてもよかったのに。というか、そもそもちゃんと社員を教育していれば正規の利益を他の部門に渡していたりしなかったのに。など、思うところはいろいろあるのですが、久しぶりのプログラミングは結構楽しかった。うまくいった時の快感だけではなく、うまくいかない時の原因追求とか楽しいです。

 取り合えず資料はできたので送りましたが、細かい所の修正とかが来そうではあります。まあ、たまにプログラミングもいいものです。やっていないとドンドン忘れていきますしね。ただし、眼がショボショボ・・・

体調が悪い理由

 もうすぐ9月が終わります。年度で言えば半期が終わり、後半に移ることになります。体で言えば上半身から下半身になります。というのは小遊三師匠のネタですが。

 ずっと体調が悪いですが、どうも夜寝る時に布団をかぶるのですが、暑くて剥いでしまいます。その時、下半身、特に腿が汗ばんでいるようです。それが布団を剥ぐと冷えて下半身が冷たくなるという。これ、どっかで見たような。ああ、八甲田山だ。あの遭難事件も下半身から冷えて動けなくなって死んだようです。ヤバいですね。

『ヤバい ヤバい まぢでヤバい』

 ももクロの歌に「ワニとシャンプー」というのがあります。普段はももクロの曲を聞かないのですが、デレステでコラボをしていて、この曲を知りました。この曲は、夏休みの宿題をしないで8/31を迎えた(多分)女子高生の歌です。

 終わらない 終わらない 全然 全然 終わらない・・・

 そういう曲です。身につまされます。

 思えば、昔もそうでしたが、今でも結構ぎりぎりになるまで報告書とか作りません。簡単な作業はさっさと終わらせるのですが、時間が掛かる作業は後回しにしがちです。例えば、簡単な作業(和訳)はさっさと終わらせるのですが、時間が掛かる作業(キャンペーンのプレイ)は後回しにしがちです。

 こういうのを「三つ子の魂百まで」と言うのでしょうか。

 もっとも、現在ヤバいのは、また鼻風邪をひいていることです。9月中はずっと体調が悪いです。

 終わらない 終わらない 体調 悪いの 終わらない・・・

The U.S. Civil War 1861年シナリオ トランスミシシッピー戦線

 せっかくなので、トランスミシシッピー戦線についても考えてみます。セットアップ状況は以下の通りです。セントルイスはトランスミシシッピー戦線側です。各将軍の下にいるのは1SPです。これより南はユニットがありません。カリブ海沿岸はガラ空きです。

トランスミシシッピー戦線のセットアップ

 ミズーリ州北軍側ですが、目標ヘクス(赤丸)のスプリングフィールドは南軍支配です。ほっておいてもミズーリ州北軍支配は覆りませんが、せっかくなのでスプリングフィールドを落とす方法を考えてみました。ちなみに2-1-5のLyonは第2ターンに1-1-4のCurtisに入れ替わってしまいますので、できれば第1ターンに活躍して欲しい。

 南軍のPriceが第1ターンに使える兵力は最大2SPです。ただし、第2ターンになると1SPの増援を付けることができます。

 

(追記)

 南軍はスプリングフィールドまで補給が届かないかも。

 

 第1ターンの第1アクションフェイズでは、北軍は3アクションポイント必要です。Fremontは動かしません。こいつは普通にSPを動かしたのと同じ3MPしか持たないだけではなく、活性化に2アクションポイント必要ですので。

 

(追記)

 Fremontを一人残して1SPを移動させることはできませんでした。

第1ターン第1アクションフェイズの北軍の移動

 南軍も指をくわえてみているわけにはいきませんから、スプリングフィールドに向けて移動します。

南軍の対応

 第2アクションフェイズです。北軍はローラの1SPを待って合流する手もあります。が、南軍が先にスプリングフィールドに入ると塹壕構築されますので、3SPで攻撃可能ですが塹壕の+2DRMが厄介です。将軍のDRMだけなら北軍+2、南軍+1ですので、2SP同士の戦いでも北軍有利です。これに塹壕+2DRMがあると、確率は全く同じ。かつ北軍が攻撃側になるので引き分けの場合は退却しないといけません。以上から、北軍はすぐにスプリングフィールドに入り、かつ塹壕を構築した方がよいようです。

第2アクションフェイズ

 第1ターン終了時にはスプリングフィールドの支配は北軍に渡ります。南軍はスプリングフィールドを避けて他の目標ヘクス攻略に行くのも手ですが、補給が届きません。あまりいい手ではないでしょう。どのみち第2ターンにはLyonはいなくなります。それからスプリングフィールドに対応しても遅くないでしょうし、そもそもミズーリ州で攻勢を取る意味もありません。端的に言って、この戦線、別にアクションポイントを使って動かすほど重要ではないです。むしろ沿岸の方が大事です。

 

 また、第1アクションフェイズにPriceが1SPだけ率いてさっさとスプリングフィールドに入ってしまう手もあります。その時は第2アクションフェイズで北軍がLyon+2SPで攻めてくるでしょう。そうなると北軍は2SP欄で+2DRM、南軍は1SP欄で+1DRMなので、南軍が敗北する確率がかなり高いです(26/36)。なので、やはり南軍は無理に手を出さず、好機を待つ方が良さそうです。

The U.S. Civil War 1861年シナリオ 西部戦線

 このシナリオで西部戦線に手を入れることは少ない気がしますが、もしここでも北軍が攻勢を取るならどうするか考えてみました。狙いはケンタッキー州の制圧です。と言うか、それしかやることがありません。

 セットアップ時の西部戦線の状況です。

西部戦線のセットアップ

 史実では先に南軍が手を出しています。が、今回は北軍が先に動いた場合について考えます。

 ケンタッキー州を支配するために占領が必要なのが目標ヘクスです。ちなみに、相手の支配を除去するためにはヘクスを踏むだけでいいのですが、自分の支配を打ち立てるためには1MP必要です。昨日のMcClellanの移動の所で間違いがありました。

ケンタッキー州の目標ヘクス

 第1ターンの北軍第1アクションフェイズに4アクションポイントあった場合、将軍無しのSPの移動力は3MPなので以下のようになります。目標ヘクスのうち3箇所が支配できます。コロンバスの2SPは侵入したところで終わりです。

第1ターン第1アクションフェイズの北軍

 これに対抗するための南軍の戦力は、メンフィスのPolk+2SP、ユニオンシティの2SP、ナッシュビルの1SPしかありません。なので、3箇所の目標ヘクスについては北軍支配下確定です。また、州都フランクフォートとその横のレキシントンも確定と言っていいと思います。

南軍の対応

 一方、残りのコロンバスは既に北軍2SPが入っており、次のアクションフェイズには支配と塹壕化が可能です。第1アクションフェイズでは南軍は攻撃できません(SPだけでは活性化不可)。第2アクションフェイズにPolkがユニオンシティの2SPを加えて4SPで攻撃してきます。ただしPolkの攻撃修正は0なので、南軍の4SP欄と北軍の2SP欄+2DRMの勝負です。勝敗の確率はまったく同じです。1ダメージの確率が双方とも4/6。北軍の勝利と引き分けなら南軍は退却しなければいけません。南軍が勝利し、コロンバスを占領できる確率は、南軍が6を出し北軍が5以下の場合のみです(5/36)。この場合、一応1MP残っているので南軍の支配が可能です。

 もう一つのボーリンググリーンはナッシュビルの1SPが第2アクションフェイズで支配を確立できます。こうなると将軍がいない北軍は手が出せなくなります。

 

 そんなわけで、第1ターンにケンタッキー州北軍が支配できることはありません。がコロンバスを保持できたなら史実より有利な状況で第2ターンを開始できそうです。

 ただし、ほっといても第2ターンにはケンタッキー州北軍の支配州になりますので、別に手を出して南軍支配州にする必要がないとは言えますが。

 

(追記)

 1SPでは1MPを消費してヘクスを支配できませんでした。1SPの場合、ターンの終了時にのみ、自分がいるヘクスを占領できます。なので、コビントンを通過しただけでは北軍は支配できず、ターン終了時にそこにいる必要があります。また、フランクフォートレキシントンはこのターン中に支配できません。いや、どっちかはイリノイ州スプリングフィールドの1SPを鉄道輸送させれば可能です。