シェルブールシナリオのセットアップを始めました

 とりあえずシナリオ1からということで「シェルブールの陥落」のセットアップをしようとしました。キャンペーンゲームはセットアップされているものがあるのですが、シナリオは全て手作業です。一度やってセーブしておけば何回も使えますので、私はASLの時もそうしています。

 で、やっていて、どうも疑問が出てきました。

 

 もともとルールブックを読んでいるときに違和感がありました。この訳者はウォーゲーマーではないな、それどころか軍事もよくわかっていないな、と。

 例えば、プレイシーケンスの所で、ターンとフェイズの間に『段階』という訳を当てています。多分、ステップ・・・。また、『〇〇』という言葉も使っています。その他、フェイズプレイヤーとかターンプレイヤーとか活性化プレイヤーとか言いますが、あれは『当時プレイヤー』・・・。「いつの当時か」とか一瞬思ってしまいました。また、『戦術移動』、『戦略移動』など、あまり「的」は入れない気がします。それから、『突破口開』。「開削」では?

 決定的だったのは、『モニトル艦』。うーん。初めて見た。「モニター艦」をドイツ風に「モニトル」って読むの。まさに、イギリスのチューダー王朝をチューデルと書いてあるのを見た時と同じ衝撃でした。そもそも、艦船は連合軍しか出てこないので、わざわざドイツ風の読みにする意味が分かりません。

 そして・・・

 「シェルブールの陥落」シナリオの歴史背景を読んでいた時・・・われらが「エルヴィン・ロンメル将軍」が、「エルヴィン・ロメル将軍」と・・・。これも初めて見た。それなりのウォーゲーマーなら、ロムメルとは書かない気がします。まあ、誤植かも。

 

 「戦闘序列を変更している」と訳者注で書いてあったので、まあ部隊の違いはあるかなと思ってはいました。が、軍直轄の部隊が師団の下にあるのはどうなんでしょうか。本当の所は私は知らないので(また英語版ルールも知らないので)、正しいのかもしれません。その他、砲台の口径が、VASSALのユニットリストにないのがあったり・・・。これも本当の所はわかりません。

 でも、看過できないのが一つ。同じ連隊に所属する2つの大隊がコタンタン半島の東西に分かれているのはどうなんでしょう。しかも1個連隊ならいざ知らず、2個連隊で大隊番号が互い違いなのは。もしかしてミスではと思ってしまうのは、悪名高いへクスグリッドのズレがあるからです。信用って大事。同じ連隊でこんなに分けるものでしょうか。なにしろ「同一連隊効果」があるので、かなり重要な問題です。

 そうこうしていたら、連合軍の方で同じ部隊番号で初期配置が載っていました。完全にアウトだな。

 

 その他、訳とは関係ない問題があります。大隊が基本単位ですが、ステップロスしたり分割したりして中隊ユニットに交換できます。でも中隊ユニットは共通なので(固有番号無し)どの中隊がどの大隊から発生したものか覚えておかないといけません。中隊を統合したり、ステップ回復したりして大隊ユニットに戻ることがありますので。

 これは、年寄りの朧になった記憶に対する挑戦か。ウォーゲームはボケに効く

「運命」の前に「傘」

 『大西洋の壁』(SPI/HJ)のルールブックを読み終わりました。分量のわりに難しくなさそうです。分量も、同じことを何回も書いているのでさほど多くないです。まあ、まったく関係ない所に書いておいて、後は知らんぷり、というルールブックに比べれば、何度も書いてあるのは良心的と感じます。

 ルール自体はVictory in the Westと似たところがあるので、Sicilyをやっていたのでさほど混乱はありません。とはいえ、スケールが異なります。デザイナーも「これは戦術級だ」と言っているようですので、大隊が基本とはいえ中隊も多数出てきます。

 そんなわけで、キャンペーンの前にまずはシナリオからがいいかなと思っています。上陸戦は、内陸に戦闘が移動した後のルールとは異なり、ほとんどドイツ軍に出番はありません。連合軍も戦術を選択できるほどではありません。選択できるのはせいぜい戦略爆撃と艦砲射撃の目標設定ぐらいです。これはデザイナーも書いていまして、どうも上陸部分は「資料的価値」になってしまったようです。

 さて、シナリオ1「シェルブールの陥落」です。シェルブールは人生で初めて戦場にしたところです。具体的にはタクテクスの付録ゲームですが。

 

 まあ、まだルールブックを読み終わったところなので、シナリオに手を付けていません。この連休に少しやってみたいと思います。

昔の子供の遊び

 昨日はASLSKシナリオ42の途中まで(第2ターンドイツ軍)で終わって中途半端でした。その後どうなったかというと、ドイツ軍は積極策を打てず、建物に籠城しました。第4ターンのアメリカ軍準備射撃フェイズで、残った建物の北側の方のドイツ軍が混乱し、潰走しました。それに合わせアメリカ軍がこの建物に突入して占拠。残りはJ7の建物のみとなりました。潰走したドイツ軍がすべてこの建物に集中したので、指揮官2人(1人混乱)、SW4機(1機は故障)、1個分隊(混乱)、4個HS(3個混乱)と大所帯になりました。ほとんど混乱している連中なので、さぞ五月蝿かったことでしょう。

 最後のアメリカ軍プレイヤーターン。ドイツ軍は奇跡的に指揮官、分隊、1個HSが回復します。白兵戦力が10となりましたので、アメリカ軍としては5個分隊投入しないと3-1の比率になりません。焦ったアメリカ軍は「全軍突撃ぃ!根性を見せてみろぉ!!」と建物に群がりますが、ことごとく混乱しました。アメリカ軍の負けです。

 よくよく考えたら、アメリカ軍はこれまでやってきた通り準備射撃で叩いておいて突撃すればよかったです。つい白兵戦力比を考えてしまいました。

 これでは『かくれんぼ』ではなく『缶蹴り鬼』ですね。わっと開豁地に突撃したところ、次々に名前を呼ばれて缶を踏まれた。

 

 そこで思ったのです。『かくれんば』は機動戦、『缶蹴り鬼』は拠点防衛戦だなぁ、と。そう考えると、なんかこれらの昔よくやった子供の遊びはウォーゲーム(コンフリクトゲーム)にできそうな気がしました。例えば『花いちもんめ』はファランクスによるどつき合いとか。『ドッジボール』は砲兵器による射撃戦とか。『騎馬戦』はそのままですよね。

 ・・・なんか、いい・・・

『かくれんぼ』をしてみました

 前日に書いたように、実戦の本質は「かくれんぼ」ということを認識しましたので、ASLSKシナリオ42のアメリカ軍でかくれんぼを実践してみました。

 実戦の本質を実践・・・

 具体的には、中央の道路は無視、南北のボカージュから進撃です。特に北側は建物からのLOSが通らないところを移動できます。そこで、北と南のボカージュから圧力をかけつつ、最北から回り込むようにしました。

f:id:bojptapp:20210915183102p:plain

アメリカ軍の戦術

 第2ターンのドイツ軍準備射撃フェイズ開始時です。アメリカ軍の進撃はかなり好調です。さすがにドイツ軍HSがアメリカ軍の分隊を白兵戦で除去するようなことはありませんでした。逆にドイツ軍HSの方が除去されました(E9の所)。ちなみにドイツ軍のLMGが壊れています。私はよくMGを壊しますが、またかと思いました。

 さて、ここで、ドイツ軍をどうしようかなと考えこみました。残りのアメリカ軍ターンは4ターンあります。J5とJ7の建物がとられるとドイツ軍の敗北ですが、1つでも残ればドイツ軍の勝ちです。積極策に出るべきか、このまま守るか。現状考え中です。

 アメリカ軍は、南側は2個分隊でJ7を狙うでしょう。ボカージュと麦畑でTEMが結構得られます。麦畑から開豁地を通らず建物に突入できます。

 北側は3個分隊がいますのが、開豁地を通るのでカモネギ状態になるかもしれません。ただ、西にいる混乱した連中はMMGを持っていますので、戻ってくると脅威になりそうです。固定FPを合わせると合計20FPのFGが作れます。

 アメリカ軍としては拙速せずに、J5の建物に射撃を加えてから突撃するのがよい策でしょう。となると、ドイツ軍はどうすればいいのでしょうか。白兵戦対策としてはまとまっていた方がいいですし、射撃対策としては分散していた方がいいです。うーん。

f:id:bojptapp:20210915183138p:plain

第2ターン ドイツ軍 準備射撃フェイズ開始時

 とはいえ、どこに行くにも開豁地を通るのでアメリカ軍に撃たれますね。TEMが一番あるのが建物の中ですし。

 

 さて、今回のアメリカ軍の動きはどうだったでしょうか。

 どの分隊もうまく『かくれんぼ』ができたようです。指揮官とMMGを持つ分隊はどうも運が悪くMCに失敗して潰走してしまいました。この辺はASLではどうしようもないあたりだと思います。まあ、指揮官付きなのですぐに戻って来られるでしょう。

 このシナリオは、狭いながらもLOSを遮るボカージュが多く、移動についていろいろ考えさせられるものです。SK独自のマップなのでスタンダードではシナリオがないでしょうが、もしかしたら似たようなマップがあるかもしれません。その時は今回の教訓を生かせればと思います。

 

ASLSKシナリオ42をやってみました

 たまにはASLのSKをやらないとルールを忘れそうです。もっとも、忘れて使っていないルールもまだまだ結構ありますが。

 で、順番としては、この前シナリオ41をやりましたので、次はシナリオ42です。

 ちなみにシナリオ41で、ドイツ軍を南側の建物にも置いた分散配置をしましたが、やっぱり事前砲撃でボコボコにされました。16FPで7ヘクス対象×3カ所ですので結構効きます。

 さて、シナリオ42もマップ半分ぐらいで両軍ともユニット数が少ないので(ドイツ軍1個分隊と6個HS、アメリカ軍7個分隊)、かなりお手軽です。アメリカ軍は建物3つ取れば勝利ですが、ドイツ軍はHIPが許されています。また、マップは、今まで見た事が無い生け垣ヘクスサイドがあります。シナリオ41にもありましたが、全然使っていませんでした。

 シナリオはノルマンディなので、この生け垣はボカージュ扱いです。TEM+2、COT+2なので、これを通っての進撃は結構つらい。アメリカ軍は西(マップ左側)から進入します。すると、下図のように少しずつしか進めません。CXや指揮官ボーナスは無しの場合です。

f:id:bojptapp:20210914172935p:plain

アメリカ軍の移動

 さて、隠匿配置ですが、ソロプレイなので位置がわかってしまいます。で、まずアメリカ軍として、ドイツ軍がどこに配置するか考えてみました。

 建物3つは当然あり得るとして、残り4ユニットです。

 ボカージュ(生け垣)はLOS遮断ですが、ボカージュヘクスサイドを持つヘクスにいれば撃てます。なので、下記の赤枠に配置される可能性が高いです。

f:id:bojptapp:20210914173114p:plain

ドイツ軍のHIPの可能性

 建物に配置したら、残りは4ユニットなので、中央の道路を挟んで南北に2ユニットずつでしょうか。そこで、アメリカ軍は、この辺りを注意して移動します。具体的には釣り出すために道路を移動する分隊、北からI1-H5の道路の方へ行く分隊、南のボカージュにとりつく分隊、そしてA4とA7の森でMMGを撃つ分隊です。

 

 第1ターンのアメリカ軍ターンの終了時です。ドイツ軍のHIPはブランクマーカーで示しています。道路を行ったアメリカ軍分隊はDMになっていますが、それよりもE4のドイツ軍HSが大活躍。2回の1MCを耐えただけではなく、アメリカ軍1個分隊を白兵戦で除去しました。ボカージュの特性として待ち伏せ-2DRMがありますので、大抵の場合はドイツ軍が待ち伏せできます。それでも1-4の比率なのですが見事にアメリカ軍分隊を除去できました。アメリカ軍に暗雲が垂れ込めます。今年の夏レベルの雨が降っているかも。

f:id:bojptapp:20210914173254p:plain

第1ターン アメリカ軍終了時

 第2ターンアメリカ軍終了時です。さすがに幸運は続かず、E2のHSは除去、E4のHSは混乱してG5の建物に逃げ込みます。その代わりG5の建物にとりついたアメリカ軍分隊はことごとく混乱して潰走しました。南の麦畑の方は順調に進んでいます。

f:id:bojptapp:20210914173408p:plain

第2ターン アメリカ軍終了時

 第3ターンのドイツ軍の開始時です。アメリカ軍、惨憺たるありさま。G5建物に取りついては混乱し潰走しています。もうこれは投了です。

f:id:bojptapp:20210914173520p:plain

第3ターン ドイツ軍開始時(投了時)

 アメリカ軍の敗因は、まあ、初手でいきなり1個分隊が白兵戦で除去されたのもありますが、中央の道路沿いに進撃してG5の建物に接敵し、臨機射撃でFFMO/FFNAMで-2DRMかつFP2倍で撃たれまくったことでしょう。いくらHIPしているからって、こんなカモがネギ(FFMO)と鍋(FFNAM)と出汁(PBF)を背負って歩いて来たら撃たないわけがありません。進撃速度が遅くなると東側の建物まで届かないかもしれませんが、北や南のボカージュがある所から進撃した方がよかったかもしれません。アメリカ軍としては、白兵戦に持ち込めれば勝てると思ったんですがねぇ。

 ・・・そういえばHIPって6ヘクス以内にLOSが捉えられたら剥がれるんでしたっけ?J7の建物は剥がれていましたね。まあ、剥がれていてもいなくても、あまり結果に影響はなかったでしょうが。

 

 さて、ここまで来て、最近読んだマンガを思い出しました。「ふかふかダンジョン攻略記~俺の異世界転生冒険譚」(KAKERU/マックガーデン)というちょっとエッチなマンガです(エロマンガではない)。異世界転生ものですが、よくあるチートスキルとか俺強ぇとかはありません。かなりガチでリアルな設定の世界観です。例えばクロスボウはプレートメイルには役に立たないといったことを理論的に説明しています。

 で、このマンガで「実戦の本質は『かくれんぼ』だ」というセリフがあります。そして、実戦における強さとは第一に「情報力」、第二に「機動力」、最後に「戦闘力」と書かれています。これはASLでも当てはまるなあと思ったのです。ここでいう「かくれんぼ」とは、要するに敵のLOSに入らない、という意味で捉えるとよいのでしょう。そう考えると、今回のアメリカ軍は「我々のボーイズは本当に戦争ができるのか?」とFDRに心配されるような戦い方でしたね。

 この作者は、別のマンガ「科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌」というのも書いていて、こちらも科学的にモンスターの考察をしています。少しエッチだけど。

 この2つはお勧めです。

大西洋の壁(SPI/HJ)のルールブックを読んで

 まだ全部読んでいません。というか、ほぼ最初の方だけです。

 感じたのは、ルールブックを読んでいるというより、なんか小説を読んでいるような・・・。まあ、読みやすいと言えば読みやすいですが。

 例えば、プレイ手順で移動の項では「ここでやっと、連合軍プレイヤーは、戦術レベルで移動させるべき全ての自軍ユニットを動かせるようになります。」と書かれています。戦術移動の所で、その前に「大隊の分割と編成」や「掩体物及び塹壕構築」があります。だから「やっと」なのですが、この書き方は法律みたいと言ってもいいルールの書き方というより小説みたいです。

 ルール自体は細かいと言えば細かいです。例えば空挺降下の場合、まず「先導ユニット」を指定して「着地標識」を置き(ズレることもある)、さらに部隊を降下させます。ちなみに、ルールではこのゲームは「戦術レベル(戦術級)」と書かれていますね。推しタクに入るのでしょうか。

コロナがだいぶ減ってきました

 東京の新規感染者数というのを毎日見ますが、だいぶ減ってきていますね。そのせいか、ニュースは自民党総裁選か台風がトップになっています。

 ところで、よくニュースのクリップで新規感染者数の推移が棒グラフで表示されていますが、あれ、期間があまり長くありません。大体が前回の波の所からです。で、思ったのでですが、最初から期間を取ってみたら、あの波は周期的になっていないのでしょうかね。地震のように。もしそうなら、感染者増加の予測がたてられそうですが。まあ、誰かがやっているのかもしれません。そのうえで有意性がないのかも。パラメータ(気温とかから人の出まで)を増やさないといけないのでしょうか。

 まあ、減ってはいても、油断するなというかのように緊急事態宣言は継続していますが。オリンピックも終わったし、総理も辞任するし、菅さん、もうどうでもいいのかもしれません。