Last Stand Rommel (ボンサイ・ゲームズ)

 BANZAIマガジン11号付録の『Last Stand Rommel』は、タイ・ボンバがデザインした交互手順、衝力攻撃、探見攻撃が特徴のゲームです。マップはA1フルマップですが、カウンターシートは半分で、ユニットは1ステップなので交換ユニットを用いません。このため、かなりシンプルなゲームといえます。上記のシステムを体験するのにいいのではないかと思ってプレイしてみました。

 

①マップがよい

 マップは北イタリアで、ロンメルが主張したイタリア中南部放棄、北部持久戦略をもとにしたWhat if?ものです。ロンメルがノルマンディに行かず北イタリアで指揮したらということですが、ノルマンディでは水際撃滅、北イタリアでは内陸で持久と、かなり言う事が異なっています。まあ、それは置いておいて。

 初期配置はドイツ軍のみで、第1ターンにドイツ軍と連合軍がくんずほぐれつな状態で南端から進入してきます。考えてみると結構過激なシチュエーションです。

 で、初期配置ですが、配置ヘクスがわかりやすいようにヘクス番号に背景色があります。これはありがたい。他のヘクス番号が見にくいので、逆に配置ヘクスを探しやすいです。

 また、南端には米軍、英軍の進入境界線とか勝利条件ヘクスとか使用するチャートとかが書かれており、プレイエイドカードが付いていますがほとんど不要です。

 素晴らしいマップ!

f:id:bojptapp:20211204130646p:plain

マップと初期配置(赤丸は勝利条件ヘクス)

f:id:bojptapp:20211204130730p:plain

初期配置ヘクスの強調表示

②セットアップしていて残念に思った事

 マップにドイツ軍を配置したら、ターントラックに増援を配置していきます。ターントラックも大きくて増援を置きやすいです。

 で、このゲームは8ターンまでありますが、英軍ユニット3つに増援ターンが「9」と書いてあるものがあります。???「6」のミスプリかと思いましたが、ちゃんと「6」ターンの増援もあります。うーん。もしかして今後バリアント記事が出るのか?よくわからないので、このユニットは仕舞ってしまいました。

(追記)「8」ターンのミスのようです。

 さて、ターンマーカーですが、このゲームでは1回だけ「ロンメル効果」が使えます。このため、「ロンメル効果」を使った後はターンマーカーを裏返すのですが、意匠が同じです。まあ、よくよく見れば裏か表かはわかりますが、どうせならロンメルの画像を抜くとか背景の色を変えるとかして欲しかった。マップはすごくいいのに残念。

 

③第1ターンについて

 ドイツ軍の初期配置ユニット数は19、増援は9で合わせて28手番できます。一方、連合軍は、米軍が8、英軍が15で合わせて23手番。つまりドイツ軍の方が5手番多いことになります。となれば、うまく使えば連合軍ユニットを補給切れ除去も可能です。このゲームではターンの最後にドイツ軍、連合軍の順番で補給線チェックをし、補給切れなら除去(デッドパイル行き)です。

 ちなみに第2ターン以降は連合軍の増援の方が多いため、手番は連合軍の方が多くなります。つまりドイツ軍は指を咥えてみているだけ。ドイツ軍は第1ターンが重要です。

 このゲームはパスが許されていませんので、フェイズの最後の方はユニット数が少ない方が見ているだけになってしまいます。

 話は変わりますが、パスが許されないということは、パスをすることで相手の出方を見るということができないことになります。で、その対策として、あまり重要ではないユニットを作っておいて、パスしたいと思った際にはそのユニットを裏返すというやり方があると思います。この重要ではないユニットって、つまり「予備」ですよね。予備の重要性について、こんな風に解決しているのは面白いと思いました。

 

④CRTについて

 1:2~6:1まであります。地形効果や航空支援はDRMではなく全てコラムシフトです。で、結果を見ると1:2でDRがあり2:1からDEがあります。またAEはありません。なんて攻撃側にやさしいCRTなんでしょうか。どちらの軍も毎ターン2ユニットデッドパイルから補充できますので、どんどん攻撃しても問題なさそうです。この2ユニット戻ってくることを考慮すると、理論的に1:1の攻撃の場合攻撃側が除去されるEX、AL1が出る確率が50%ですので4か所攻撃しても戦力が落ちないということになります(4か所×50%=2ユニット除去→次ターンに補充で戻ってくる)。1:2の場合は3か所です。防御側かつユニット数が少ないドイツ軍は、これを基準に考えるのもよいかと思います。

f:id:bojptapp:20211204130824p:plain

CRT

⑤連合軍の上陸侵攻

 第2~4ターンの間に1回だけ行うことができる上陸侵攻。海岸沿いならどこでもOK。勝利条件ヘクスであるヴェネツィアトリエステが海岸沿いにあります。もちろん、この街に直接上陸はできません。ただ、隣接ヘクスが上陸可能海岸です。ドイツ軍がこの街にユニットを置いていた場合は、EZOCに上陸できませんので隣接することができませんが、いない場合は隣接ヘクスに上陸、次のターンの移動フェイズで占領となってしまいます(上陸したターンは移動できません)。

 低戦力ユニットを置いていても安心できません。上陸ターンには2ユニットまで置けますので6攻撃力ユニット2個なら、防御力1(ドイツ軍最低戦力)に対して6:1(CRTの最大比)で都市のコラムシフト2を適用すると4:1になります。DE、EXとDR→EXなので100%落ちます。後は残ったユニットが戦闘後前進で占領できます。防御力3(標準的な歩兵)でも安心できません。CRT2:1でEX以上の確率は2/3あります。

 気を付けていれば大丈夫でしょうが、ドイツ軍はあまり前線に兵力を集中しすぎてはいけないということです。

 

⑥初期のドイツ軍の防衛ライン

 最もヘクス数が少ないラインは20ヘクスです。ここに連合軍を置くようにすれば一番いい配置です。まあ、交互手番ですし、そううまくはいかないでしょうが。

f:id:bojptapp:20211204130920p:plain

初期防衛ライン案

⑦衝力攻撃、探見攻撃

 特徴的なシステムです。簡単に言えば、衝力攻撃は勝った勢いに任せてさらに攻撃すること。探見攻撃は、威力偵察かと思います。衝力攻撃は戦闘後前進の結果起こります。一方、探見攻撃は単発でできますし、探見攻撃→衝力攻撃することで離れているユニットも攻撃可能です。また、衝力攻撃の代わりに探見攻撃もできますので、通常攻撃→探見攻撃で敵戦線の奥深くまで進撃することもできます。ただし、探見攻撃はEZOCにいないとできず、EZOCに対してしかできません。

 で、探見攻撃って、何をシミュレートしているのでしょうか。第一次世界大戦終盤の西部戦線なら、浸透攻撃のように、強力な抵抗拠点を迂回する、というのをシミュレートしていると言えそうです。でも第二次大戦ではねぇ。太平洋戦線なら日本軍の浸透と言えるかもしれませんが。

 まあ、シミュレートについてはとにかく、システム的には浸透できるということです。無論、補給については注意する必要があります。さもないと浸透したはいいがターンの終わりに除去されてしまいます。ドイツ軍が先に補給チェックしますので、浸透したドイツ軍が次々に除去されて戦線崩壊とか、目も当てられません。

 ただし、この探見攻撃と衝力攻撃をうまく使うと、敵ユニットを包囲してDRの結果をステップロスに変えることができます。1ステップしかありませんから簡単に言えば除去です。

f:id:bojptapp:20211204131022p:plain

探見攻撃からの衝力攻撃の例(うまくいけば)

 なんか長くなってしまいましたので、今日はここまでにしておきます。

冬の対策 乾燥肌、あかぎれ、爪割れ

 年を取ってから、冬に乾燥肌がひどくなりました。特に脛でして、仕事に詰まったときに考え事をしながらボリボリ掻くので、いつも真っ赤になっていました。そこで数年前からNIVEAクリームを使うようになりました。ネットで調べたら、安くて量があるという評価だったので。あまりお高いのはちょっとね。で、使っていたところ、非常に良かった。脛だけではなく、腕とか背中とかが結構かゆくなるのですが、これをふろ上がりに塗ると次の日まで持ちます。塗ったときは少しべたつく感じがしますが、すぐにサラサラになります。ただ、背中の真ん中辺は塗れないのが玉に瑕です。

 NIVEAクリームを塗るために手もしっかり保護されるのですが、すぐに洗い物をするので落ちてしまいます。なので、どうしてもあかぎれになります。すると服を着るときとか布に引っかかって、痛いうえに治りにくい。そこで、指先用のキズケアフィルムを使うようになりました。これは指先を完全に包み込む上、保湿されるので重宝しています。同様に爪が割れやすくなるのも保護できます。問題点としては、少し貼りにくいことで失敗するとフィルムが剥がれやすくなるので、捨ててやり直しです。昔は京橋駅南のダイエーの薬局で買えたのですが、関東に戻ってからはアマゾンで仕入れています。

 冬場は何かと物入りです。

パンツは4枚!大団円

 そして、時は流れた・・・。

 下図が第9ターンのソ連軍PFPh開始時です。

f:id:bojptapp:20211202180129p:plain

第9ターン ソ連軍PFPh開始時(ゲーム終了時)

 一時は南でソ連分隊が回復して、御貴族様屋敷奪還ができるかというところまで来ましたが、無理でした。鉄人操作班とファナッた分隊が勝利条件の橋に突撃しましたが、ドイツ軍分隊で固められ、さらに後方から包囲されているので奪還は無理でしょう。CVPは3、勝利条件ヘクスは全てドイツ軍の支配下ソ連軍の敗北です。

 

 さて、ソ連軍の敗因は2つあると思います。いや、それ以上あるかもしれませんが、大きいところで。

①AT、ATRが遊兵化した

 虎が全然前に出てきませんでした。これは、ソ連軍歩兵のPFを極度に恐れたためで、まあ一理あります。そういう意味ではソ連軍歩兵はよくやったといえますが。

 「将軍様!屏風から虎を追い出してください!」

 まさに、虎をおびき出すようなムーブが必要だったと思います。一休さんを見習え!

 

②鉄人が前に出すぎた

 分が悪いとはいえ、前に出るのは悪くはありませんが、早い段階で虎に撃破されてしまいました。むしろ勝利条件ヘクスの橋の方にいた方がよかったと思います。そうすれば簡単に勝利条件ヘクスを取られませんし、ドイツ軍は虎を前進させないと鉄人に対抗できません。そうなればAT、ATRももっと有効に活用できたでしょう。

 

 とはいえ、いいこともあります。まず、北の杜で英雄的な白兵戦を演じたHSですが、ある程度、この方面のドイツ軍の進撃を押さえました。これプラス鉄人の派遣がよかったのではないかと思います。

 そして独立重機関銃隊。まさに勲章物の良い働きをしました。惜しむらくは、もう1個分隊を隣において支援させれば、さらに長期間ここを保持した気がします。何しろ勝利条件建物ですから。

 

 いずれにしろ車両に関して、できることできないことなどがわかってきました。まあ、まだ適切な戦術まではつかみ切れていませんが。それにルールを少しずつ把握しながらプレイできたことがよかった気がします。もっとも、使っていないルールやそもそも忘れているルールなどがありますが。・・・SANチェック忘れていた。・・・またドイツ軍のMG壊した(しかも1つは虎のBMG)。

 

 ズブっと、また沼にはまり込んでしまった。どっとはらい

パンツは4枚!おかわり!

 第7ターンのドイツ軍のPFPh開始時です。前回の鉄人撃破で書き忘れましたが、御貴族様屋敷に援軍に行ったソ連分隊が混乱して後退しました。この分隊が南から御貴族様屋敷を攻めるドイツ軍の邪魔をしていましたので、攻めやすくなりました。まあ、攻め手のドイツ軍分隊が混乱中ですが。

 RPhに一番南にいる2-4-8分隊+LMGが回復しましたが、御貴族様屋敷にはちょっと届きません。何とか御貴族様屋敷2階のソ連分隊とCCに入って、増援を送り込んで除去したいところです。勝利条件はこの建物の支配がありますので。

 虎に引き寄せられてソ連軍部隊が南に集まって来ています。このため、北側が手薄(2個HSのみ)になっています。ハーフトラックはボグらず順調に森の中を進んでます。こちらは攻め一手でしょう。

f:id:bojptapp:20211201191414p:plain

第7ターン ドイツ軍PFPh開始時

 北は2個分隊と1個HSで攻勢を強めます。また、林の中を進んでいたハーフトラックは道路に出て攻撃をかけました。その結果、北の勝利条件ヘクスを守るソ連軍2個HSがDMとなりました。こちら、やばいです。虎狩りをしている場合ではありません。

 一方、御貴族様屋敷では北から接近しようとした1個分隊はまたまた混乱させられました。ただし、この攻撃によりFirst Fireが付いたソ連軍独立重機関銃隊のDFPhでの階下への攻撃は失敗し、CCにもつれ込みます。ドイツ軍はCCで不意打ちに成功しましたが、どちらもFP4の1:1なので除去には至りません。その他、一番南で回復した2-4-8HSが走り回ってソ連軍の混乱した部隊を駆逐し、御貴族様屋敷を孤立させます。

 

 第7ターンのソ連軍PFPh開始時です。最北端のソ連軍HSを回復させ、後ろからドイツ軍を狙うようにします。何とか勝利条件ヘクスを守らないといけません。多分、独立重機関銃隊を助けるのは無理そうですので、できるだけ引き付けてもらいます。

f:id:bojptapp:20211201191512p:plain

第7ターン ソ連軍PFPh開始時

 とりあえず御貴族様屋敷は混戦が続くことを願って、他の部隊をできるだけ北に移動します。ただし、ATRは虎狙いで動きます。また、隠蔽してたATRも北に移動します。もう遅いかもしれませんが。

 白兵戦以外は戦闘らしい戦闘はありません。北の杜の白兵戦はドイツ軍が勝ちました。一方、御貴族様屋敷の白兵戦は、対消滅しました。『消滅線雷撃』ですね。まだソ連軍の支配下ですが、ソ連軍が到達できる所にいませんのでドイツ軍が踏んで占領でしょう。その分、時間を浪費してもらえればと思います。戦いの焦点は、今や北にあります。

 

 第8ターンのドイツ軍PFPh開始時です。ソ連軍8-1指揮官がいるところに混乱したHSがいますが、回復できませんでした。これが回復してくれれば多少はやりやすくなったのですが。最終ターンに勝利条件ヘクスにいた方が勝ちます。もう、ドイツ軍の24CVPは期待できません。

f:id:bojptapp:20211201191615p:plain

第8ターン ドイツ軍PFPh開始時

 PFPhでATRを持っているソ連軍HSを混乱させました。これで虎に対する脅威が去りました。とはいえ、前進すると横からATに撃たれそうですので、虎はそのまま待機です。一方、北ではドイツ軍が勝利条件ヘクスの橋を占領しました。御貴族様屋敷もCXで移動した分隊が占領します。

 ここまでで、ソ連軍が使える兵力は、戦意高揚した分隊が1つ、ATRを持ったHSが1つ、車両の固有操作班が1つ、ATの操作班が1つ、そして1個HSが最北端にいます。後は届かないかDMなので回復が困難なものばかり。

 一方、ドイツ軍は2個分隊が勝利条件ヘクスに、HS+9-1指揮官。残りはちょっと届きそうにないです。

 現状は下図の通り。ドイツ軍の移動が終わったところです。

f:id:bojptapp:20211201191730p:plain

第8ターン ドイツ軍MPh終了時

 つづく、・・・かな?

 次回、ソ連軍最後の大攻勢!燃えろ虎!うなれ虎!祖国の土となるか、英雄的兵士たちよ!・・・ここはポーランドでした・・・

もっと!パンツは4枚!

 第5ターンのドイツ軍は、虎が鉄人に向かって前進を開始しました。また、北の杜ではようやく混戦から解放されたドイツ軍が前進しています。混乱したソ連軍を蹴飛ばしつつ、北から迂回しようとする2個分隊と9-1指揮官+PSKを持ったHSが勝利条件ヘクスを目指します。一方、御貴族様屋敷では、相変わらずソ連軍のHMGが猛威を振るっています。まさしく『独立重機関銃隊』です。ここの攻略に手間取っています。

 下図は、第5ターンのソ連軍MPh開始前です。

f:id:bojptapp:20211130181228p:plain

第5ターン ソ連軍MPh開始時

 とりあえず鉄人は西に移動してハーフトラックを狙い、御貴族様屋敷のHMGは9-2指揮官率いる分隊に射撃します。

 HMGは見事9-2指揮官と分隊を混乱に陥れました。これで当面は北からの脅威はなくなります。一方、鉄人はハーフトラックに射撃しましたが外しました・・・。

 北の杜の9-1指揮官率いるドイツ軍分隊は、北に移動した3-2-8HSによって混乱して後退しました。これでこちらの方の脅威も一時下がりました。もっとも、2個分隊がいずれやってきますが・・・。

 

 第6ターンのドイツ軍PFPh前です。

f:id:bojptapp:20211130181341p:plain

第6ターン ドイツ軍PFPh開始時

 御貴族様屋敷は南から攻めることにします。北側の部隊との連携が取れていませんね。ちなみに、4O4は御貴族様屋敷から死角だと気が付きましたので、ここまで虎を前進させます。ハーフトラックは鉄人の死角に逃げます。

 だいぶ損害が出ましたが、何とか御貴族様屋敷の1階に1個分隊がたどり着きました。次のソ連軍のPFPhとAFPh、さらに次のドイツ軍のDFPhに耐えればCCに持ち込めます。そうすれば、後続の部隊をCCに投入できます。まあ、回復すればですが・・・。

 一方、虎vs鉄人ですが・・・「アゴーニ!」スカッ・・・「フォイア!」スカッ・・・。

 基本THは10ですが、DRM+5とか当たるかぁ!といった感じでスカッています。これをスカッター(散布)といいます。嘘です。虎をわざわざ止めたのですが、MPh開始時は起動状態でしたからDRMは付きます。次に期待です。

 

 第6ターンのソ連軍PFPh開始時です。虎が狙われそうな北の杜の南端にいるソ連分隊には、ドイツ軍分隊がCCを仕掛けています。それでなくても、射程外だし、林でLOSが通っていないし、虎を狙うには少しきつい。

f:id:bojptapp:20211130181446p:plain

第6ターン ソ連軍PFPh開始時

 さて、御貴族様屋敷のHMGは、1階のドイツ軍にPFPhで射撃しましたがスカりました。

 移動では鉄人が後退します。正面から虎と戦っても勝ち目がありません。当初の目論見通り東側の広いところでATRとATで攻撃するようにします。また、北にいたATRも南下させます。勝利条件ヘクスの橋が少しやばいですが。

 しかし、1歩後退したところへ虎が射撃、TH10-3=7に対し、DR5で命中!色4白1なので車体命中です。TK27-AF14=13、DR3なので撃破!

 ・・・ついに・・・ついに戦車戦が・・・それに撃破・・・感無量です・・・

 もう、ゲームを仕舞っていいかな・・・

 いやよくありません。まだ決着はついていません。

 TK13に対しDR3なので燃えます。CSは6ですがDR2なので操作班は生き延びました。・・・燃えていてもOKかな?まあ、とりあえず燃える残骸の下に置きます。それと、どこかに車両の固有操作班はエリートじゃないとか書いてあったような。大分あやふやですね。

 さて、さらに続きます。

 

(追記)

 調べたら、車両の操作班はFP1のものだそうです。炎上する車両からの脱出については特に問題なさそうです(ダメという記述は見つけられなかった)。燃える残骸のあるヘクスに進入できるのですから脱出も可能でしょう。

 

つづけてパンツは4枚!

 第3ターンのソ連軍MPhです。だいぶ押し込まれました。虎のMGが効いています。いい流れです。ただ、北の方は2個分隊がCCに巻き込まれています。

 さて、ソ連軍の移動ですが、どうしましょうか。

f:id:bojptapp:20211129184753p:plain

第3ターン ソ連軍MPh開始時

 とりあえずRPhで最南端の分隊が回復したので、こちら側は何とかなりそうです。また、森の北部で1個HSが2個分隊相手に、英雄的な戦いを繰り広げています。

 これらから全体的に戦線を下げるように移動します。ただ、御貴族様屋敷2階のHMGはPPが足りないので移動できません。もともと捨て駒部隊でした。

 思ったほど虎が前進してきませんのでPFの機会がないです。やはりドイツ軍としては、この戦法がよいようです。ただし、次のターンには鉄人がやってきますし、AT、ATRはまだ隠蔽されていますので、虎をしとめる機会はありそうです。

 

 第4ターンのドイツ軍ターンで、ついに英雄的な戦いを繰り広げていたHSが除去されました。また、森で混乱状態になっていたHSも追い払われました。そこで、森の道で待機していたハーフトラックとトラックを前進させます。

 一方、南側は御貴族様屋敷に突入できてはいますが、2階のHMGの排除までは至っていません。戦力が足りない。少し、最南端に集中しすぎています。9-2指揮官が率いる分隊は混乱して潰走しています。

 

 そして第4ターンのソ連軍ターン。ついに鉄人の登場です。

 

グリコ グリコ グーリーコー

過疎の村に ガオー(虎の声)

夜の未舗装道路 ガオー(もう一匹の虎の声)

ダダダダターンと弾が来る

バババババーンと破裂する

ビューンと駆けてく 鉄人(車体番号)28号

 

 冗談はさておき、鉄人は道なりに移動しました。このまま、道なりに動いてハーフトラックをいぢめます。虎は怖いので。

 ちなみにドイツ軍のPSKは森にいます。

f:id:bojptapp:20211129185003p:plain

第4ターン ソ連軍 鉄人登場!

 さて、第5ターンのドイツ軍です。9ターンの終了までの折り返し地点です。現状、勝利条件ヘクスの御貴族様屋敷が厳しい状況ですが、森の方から勝利条件ヘクスの橋2つは狙えそうです。鉄人が登場したので虎を北に向かわせたいところですが、ソ連軍歩兵が邪魔ですね。2ヘクス以内に入るとPFがダダダダダーンと飛んできます。いや最大4回だからダダダダーンか。今度はソ連軍が歩兵に防護された戦車とは・・・。

 つづく

ふたたびパンツは4枚!

 ちょっと前回と言っていることが変わりますが、いろいろ検討した結果、ドイツ軍は下図のように移動しました。射撃は双方とも無しです。虎が歩兵を撃とうとしてもDRMが厳しくて無理でした。南側ではドイツ軍がハーフトラックから歩兵を下ろしています。北は道なりに移動中。中央の森の陰にいるのはトラックです。7ヘクスしか動けないので、現段階では降車できません。APhに乗車/降車は不可なので、次のターンに持ち越しです。

f:id:bojptapp:20211128090246p:plain

第1ターン ドイツ軍終了時

 次いでソ連軍の移動です。大きな動きはありませんが、南側で両翼が前進しています。やはり双方射撃なしで、第2ターンのドイツ軍に進みます。

f:id:bojptapp:20211128090451p:plain

第1ターン ソ連軍終了時

 ところで、後で気が付きましたが、初期配置でHSにできるのは全分隊の10%(切り上げ)だけでした・・・。独ソ両軍とも1個分隊だけ分割できるのでした。こんなに分割できなかった。うーん、そうするとドイツ軍の移動は、ハーフトラック5台とトラック2台に1個分隊ずつ乗せ、余っている1個分隊を分割していずれかに乗せれば、とりあえず全員乗せるのにぎりぎりだったということですね。あるいはトラックに2個分隊ずつ乗せればハーフトラックが1台余ると。

 

 まあ、動き始めてしまいましたので、チャラということで進めます。

 

(追記)

 もう一つ気が付いたことがありました。ドイツ軍の分隊はHSになると煙幕を張れなくなるのですね。まあ、使っていないですが・・・。

 

(追記2)

 そもそも虎の主砲(MA)で歩兵を撃つ必要はなく、車載MGで撃てばいいことに気が付きました。そうすれば当たらないTHの必要がなかったですね。なんというか、トホホな感じです。